顧客を大切にする

インフラエンジニアの役割はネットワークやサーバー等の社会や企業のインフラを構築しているシステムについての深い知識や理解を持っていない人たちが、その勉強をせずとも安心して利用できる情報システムを設計して世の中に広めることです。情報システムに根ざしたインフラを誰もにとって使いやすい形で提供するための開発、設計、導入といったプロセスを担い、安心して利用できる状況を作るための運用や管理も担っていくのがインフラエンジニアなのです。

インフラとなるシステムを扱うことからそれを利用している顧客の声が重要視される仕事であり、現状のシステムについてどういった点に満足していて、どんな不満があるのかということを現場で理解していくことが求められます。そのフィードバックを受けて新しいシステムの開発や設計に向かうことになるからです。そのため、現場で顧客とやり取りができる環境に身を置く経験が重要視され、キャリアパスの前半においてはシステムの導入のプロセスやカスタマーサービスに携わる傾向があります。そして、その経験を生かして新しいシステムについての提言ができるようになり、開発や設計を担える人材となっていくことができるのです。実際には開発や設計を担う人材はそれほど多くは必要とされていないため狭き門であり、より需要の高いステムの管理を行う仕事を行うエンジニアとしてのキャリアパスを進むことになるのが典型的になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です