安定さが重要な仕事

IT業界においてエンジニアが担う仕事は多岐にわたるものの、大きな枠となるのが開発系とインフラ系です。新規性と創造性の高さが常に要求されるのが開発現場であり、最新情報にいつも気を配りながら新しさを求めて切磋琢磨し合う刺激に溢れた雰囲気が特徴的となっています。こういった現場で働くシステムエンジニアのような職種がIT業界の花形として多くの人から注目を浴びているのに対して、インフラを担うインフラエンジニアはそれほど高い人気を集めている様子は伺えません。

しかし、実際にはIT業界を支える重要な役割を果たしているのがインフラを作り上げているシステムであり、その安定さを確保しているのがインフラエンジニアの仕事です。その目標とするところは開発系とは対照的であり、新規性や創造性よりも安定性が重要視され、刺激的な毎日を過ごすことよりもトラブル一つなく安定したシステムの動作が続くことを期待して仕事を行う日常になります。そのため、システムエンジニアの担う開発系の仕事のような華やかさはないものの、一刻を争う競争も必要性がないことから、安定した収入が得られるキャリアパスとして考慮されることもしばしばあります。しかし、システムに障害が生じたら一刻も早く解消しなければならないという仕事の重要性の高さから、知識や経験に対する要求も高く、幅広い分野においてキャリアを積むことが安定職とするためには不可欠となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です