管理職で役立つ経験

情報通信業界では、ネットワークエンジニアが通信環境整備のために活動してきました。またさらに派生して、ネットワーク構築や管理運営の職業が登場しています。インフラエンジニアは、情報通信業界の中で選ぶことができる新たなキャリアパスの選択肢です。しかし、この仕事をキャリアの一つの段階として選ぶのであれば、その仕事に就くことのメリットについて把握しておかなければなりません。

インフラエンジニアは、ネットワーク関連の設備に関して、専門的な知識や経験が手に入れられるというのが大きな利点です。他の分野であるシステムエンジニアの仕事でも、通信関連の開発に部分的に関わることは多いです。しかし、ネットワークに関する専門的で特殊な技術を身につけるには、ネットワーク構築や整備に集中的に従事することができるような仕事が有利です。インフラエンジニアをキャリアパスの中に加えれば、その仕事を通じてネットワーク技術の深い部分の理解が進みます。さらに仕事を経て得たスキルは、情報技術開発の仕事で管理職となった場合に、通信関連で強い人材として実力が発揮できます。管理職は、担当する開発分野全般の知識について、一定水準以上の知識や経験を持っている必要があります。技術開発の仕事では、開発プロジェクトの中で通信技術を扱うことが増えます。そのような時、管理職が通信関連の高い技術に熟知しているということは、開発チームにとって有利なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です