必要性と年収の関係

インフラエンジニアは仕事の重要性の高さから比較的高い年収が望める職種として注目され、キャリアパスとして選ばれることも多くなっています。その仕事の内容についてはIT業界の花形とも言えるシステムエンジニアとは大きなギャップがあることから、最前線の開発現場でスピード感に溢れた開発競争を行っていくことに疲弊してしまったエンジニアが転職する先としても注目されている職種です。

情報システムを用いて日常的な業務の効率化を行っている企業においてはそのシステムが安定して動作していることが前提条件となって業務計画がなされており、システムの破綻は業務の遅延や停止をもたらすことになります。しかし、情報システムは人間が作ったものであって完璧であることはなく、何らかの原因でエラーが発生してしまうこともあります。それを未然に防ぐべく日々努力しているのがインフラエンジニアであり、エラーの発生時には一刻を争って復旧に務めることで業務を正常に行えるようにしています。そういった目立たないところで縁の下の力持ちとして重要な役割を担っている点が、システム開発の最前線という日の当たる舞台で活躍しているシステムエンジニアと対照的な点です。しかし、欠けることによってシステムが破綻するリスクが高まることから不可欠とも言える存在であるのがインフラエンジニアです。その為、その必要性に見合った高い年収が得られるようになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です